エントリー

ソケット形状もある!ヘックスローブソケット

ソケット形状もある!ヘックスローブソケット

BMWをはじめ欧州車でちょっとでもDIYされる方はヘックスローブレンチは必需品かと思います。

別名トルクスレンチなんて名前で、車のネジを外そうと思ったら六角じゃなくって★型だったーなんて事で、トルクスレンチを持っている方も多いかと思います。

自分も車を購入した当時、ナビの取り付けの際、リアのピラーを外そうとしたときに、はじめてヘックスローブレンチ遭遇しました。

1999年当時、今ほどネット通販もはじまったばりで、ホームセンターや今や懐かしいドン・キホーテが買収したドルトなどに行ってもヘックスローブ形状のビットやレンチが置いてなくて、かなり入手が困難だったことを覚えています。

話が逸れましたが、今回、久しぶりに自分の車でBMWのSST以外で持っていないレンチに遭遇しました。

ヘックスローブレンチの頭を持つネジを外すためにヘックスローブソケットです。

ヘックスローブソケット


多分、自分がE46ではじめて見たので、通常は必要ないとは思います。(苦笑)

興味ないと思いますが、場所は今のところ内緒です。(笑)

このヘックスローブソケットはアマゾンで購入。

レビューを見ると、最近は国産車などでも使われているようですね。

しかしどうしてメーカーはこのような変わった形状のネジ山を持つネジを使うんでしょうね?

やはり簡単には開けられないようにする、開けられたくないという理由なんでしょうかね?

先日もトリゥイングというネジ山がY字のビットを入手したばかりですが、最近新種のネジ山に遭遇する事がなぜか多いです。(笑)

関連記事:

ねじ山がY字?トリウィング?

 

ひと昔前、この手の特殊なネジの工具は、なかなか入手が難しいため、ホームセンターを回ってもなかなか入手できないことが多かった印象があります。

最近は、ネジ山形状の名称さえわかればネット通販でネジ山ん合わせた工具の入手が簡単になりましたね。

 

以上、「ソケット形状もある!ヘックスローブソケット」でした。

 

 


スポンサーリンク

関連エントリー

ページ移動

ユーティリティ

スポンサーリンク


検索

エントリー検索フォーム
キーワード
例:abs修理、メーターフード自作

過去ログ

Feed

このエントリーをはてなブックマークに追加