エントリー

FETリレーを使ったアクセサリー電源(外車向け)

FETリレーを使ったアクセサリー電源(外車向け)

前回の記事の続きです。

ACC電源をトリガー(ON)にしたときに、+12の常時接続の電源を出力する回路です。

メカニカルリレーのように接点がありませんで故障がないのと、リレーのように電磁石を動かす分の電力を低減することが目的です。

今回は、前回のPチャンネル型MOS FETを使用した回路の前段のトランジスタもFETに置き換えました。

Pチャンネル型 パワーMOS FETリレー回路図

前回なんでNPNトランジスタを使用したか?っというと理由は単純で手持ちのトランジスタがあったからです。笑

今回は一応、出力部分に整流ダイオードも入れておきました。(保護用)

このMOS FET 2SJ334は、30A流せますが、ヒートシンクを付けてしっかりと放熱対策したときに限ります。

当然ですが、ヒートシンク無しの収縮チューブの場合、流せても3Aぐらいにとどめておく必要があります。

部品は、すべて秋葉原の秋月電子で入手可能です。

今回は、レーダー探知機、後付けのETCへの電源供給用に作成しました。(最近の車はETCは初めから付いているんですよね?!)

 

DSC_2291.jpg

FETリレーを装備するにあたり、昔から取り付けている機器の電源関連の配線をすべて直しました。

寒い中、長時間の作業でエコノミー症候群になってしまうそうな勢い(苦笑)

おまけにバケットシートでの作業なので、休憩を入れないと足がプルプルしてしまいますが、6時間ぐらいかけてすべてやり直しを行いました。

※ここで紹介している記事、回路図の参考は、自己の責任でお願いします。

 

以上、「FETリレーを使ったアクセサリー電源(外車向け)」でした。

 


スポンサーリンク

関連エントリー

ページ移動

ユーティリティ

スポンサーリンク


検索

エントリー検索フォーム
キーワード
例:abs修理、メーターフード自作

過去ログ

Feed

このエントリーをはてなブックマークに追加