エントリー

Windows10 anniversary アップデートでNASへアクセスできない対処方法

ちょっと仕事で問い合わせがあり、

ネットで情報を漁ったところ、

Windowsのダウングレードまでしている人がいるみたいなので、

一応、メモとして対処方法を記載しておきます。

Windows10 anniversary アップデートで、ローカルエリアにある、

サーバー、NASへアクセスできなくなった方向けの内容です。

バッファローやIOデータのNAS以外にも、
ローカルエリアネットワークで、
Sambaサーバーなどを立てている場合も含みます。

この内容はWindows8.xからWindows10へアップデートした方がほとんどはまっているようで、

Windows7からの人が問題ないようです。



多分、OSのバージョン違いによる、

ディフォルト設定の違いによる、問題かと思われますが、

思うに、多くの方が大変なことになって、

仕事に支障がおきて、日本の経済が止まってしまう…

なんて大げさな話にはならないと思いますけど。笑



1.Windows10の設定を開きます。

設定を開いたら、「ネットワークのインターネット」を選択します。

nfig1.jpg

2.使用しているインターフェイスの選択

以下の図にはWifiがありませんが、Wifi接続している方は、画面の左側の「Wifi」を選択してください。以下は、ケーブル接続の「イーサネット」を選択しています。

nfig2.jpg

3.「このPCを検出可能にする」をオンにします。

多分、Windows8からWindows10へアップデートした方は、この設定がオフになっているはずです。


nfig3.jpg

その後、これまで接続していたローカルサーバ、NASへ接続してみてください。

多分、従来と同じように使用できるかと思います。

 

以上、同様の症状でお悩みの方は、自己の責任の範囲でお試しください。

 


スポンサーリンク

関連エントリー

ページ移動

ユーティリティ

スポンサーリンク


検索

エントリー検索フォーム
キーワード
例:abs修理、メーターフード自作

過去ログ

Feed

このエントリーをはてなブックマークに追加