エントリー

トヨタ自動車が発案?!アルミテープチューン?!

昨日、久しぶりにAVO Japanさんへお邪魔しました。

そこで、なにやらトヨタ自動車がアルミテープチューンなるものを発表した?!

ような情報を聞きつけたので、

早速Webで検索!


こちらにその記事が記載されておりました。

ざっくり読むと、車の樹脂パーツ(例えばバンパーなど)にアルミテープを貼ると、

走行中に車本体が帯電した電化を放電しやすくなり、

運転状態に差がでるというものです。

 

なんか久しぶりのオカルトチューンネタですが、

天下のトヨタ自動車が実験したそうなので、

それなりに効果があるんでしょうかね?

なんとなーく、樹脂パーツの帯電状態というのは、

走行後の埃のつき方でわかるような気もしますが、

アルミテープ貼るだけで放電交換が得られる

(帯電した電化が集められるということでしょうか?)

というのは、なんか不思議な現象ですね。

しかし記事の内容でステアリングコラムの裏とかに貼るだけで

効果がでるというのが、よくわかりません。

 

そのうち、実験してみたいと思います。

 


スポンサーリンク

関連エントリー

ページ移動

ユーティリティ

スポンサーリンク


検索

エントリー検索フォーム
キーワード
例:abs修理、メーターフード自作

過去ログ

Feed

このエントリーをはてなブックマークに追加