BMW E46 クーペ M3フロントフェンダー加工(2004年)

BMW E46クーペで、E46M3のバンパーのみを流用する場合、チリが合わないためフェンダーの加工が必要になります。

 

2004年当時、E46M3ルックにするために、end c.cさんからE46M3形状のバンパーが販売されており、バンパーのみの交換が結構流行ってました。

 

自分の車は、E46M3のフロントフェンダー、バンパー、ボンネットの3つのパーツをそのまま流用しE46M3ルックにしております。

 

そのままE46M3のフェンダーを取り付けても面白みがなかったので、E46M3のフェンダーダクトを加工して取り付けを行いました。

BMW E46 M3 フロントフェンダーワンオフ加工

 

フェンダーダクトをホイールハウスのエアー抜きに使用したかったのですが、塞いだまま(すなわちダミー)です。

現在はわかりませんが、当時のBMWのサイドダクトは、どの車種もすべてダミーでした。

フロントフェンダー詳細に関しては、こちらをご覧ください。

 

スポンサーリンク

ユーティリティ

スポンサーリンク


検索

エントリー検索フォーム
キーワード
例:abs修理、メーターフード自作

過去ログ

タグクラウド

Feed

このエントリーをはてなブックマークに追加