エントリー

ボールペンの替え芯交換(Mont Blanc,Cross,Parker,Waterman)

ボールペンの替え芯(リフィール)交換

Mont Blanc、Cross、Parker、WaterManなどのボールペンが複数本あり、数年ぶりに替え芯を購入して復活させました。

 

複数あるボールペン

上記の写真の中には、Silion Graphicの販促品、Indigo2 IMPACTのParkerのボールペンや旧SGIロゴの付いたCrossのボールペンなどがあります。(笑)

替え芯をネットで検索したところ、CrossとParkerはどれもボールペンの替え芯のサイズが同じ(?)らしいのでネットで注文。

Mont Blancは中身が2種類あり、1つのサイズはネットで見つけたのですが、もう一つは見つけられず。

あとWaterManというフランス製のボールペンの替え芯もどこでも同じようなのですがサイズが特定できず。

他界した母親が使用していたPILOT、Mont Blanc、WaterManは店舗で探すことにしてみました。

WATERMANの替え芯

WaterManの替え芯は、サイズが同じらしく渋谷の東急ハンズですぐに見つかりました。

一応、インクの色、太さ(0.5mm、0.7mm)が選択できるようですが、在庫が0.5mmの黒しかなかったのでそれを購入してきました。

急いでいなければこの手のものはネットで購入した方が安いようですね。

関連リンク:

ウォーターマン ボールペン 油性 替芯 F 細字 ブラック

 

PILOTのボールペンの替え芯は、古すぎて型番が不明。

通常、PILOTのボールペンは替え芯に型番が記載されているらしいのですが、手元のボールペンには型番の記載が無く、東急ハンズの店員さんから「かなり古い物ですか?」っと聞かれてしまいました。

その場で、似ているPILOT製のボールペンの替え芯を探してもらったのですが、若干一部の太さが違うため残念ながら替え芯が見つかりませんでした。

 

Mont Blancに関しては、現在直営店のみでした取り扱いが無いということで、東急ハンズの店員さんが渋谷西武にて取り扱いがあるとのことで渋谷西武へ。

渋谷西武のMont Blancの店舗は、時計販売?が中心のようでボールペンの替え芯があるのか不安でしたが店員さんに見せた所、その場で替え芯を探してくれました。

手持ちのMont Blancは30年以上前に、父親から進学の際にもらった物で、店員さんにみせたら、「これはビンテージですね。」と言われ、すぐに替え芯を見つけてくれました。

 

Mont Blancの替え芯

 

しかし、この手の高級ボールペンの替え芯はさすがに高額ですね。

Mont Blancの替え芯は2本セットで2000円超えでした。

 

ネットで購入した替え芯

 

ネットで注文した替え芯

Cross、Parker、残りのMont Blancの替え芯はネットで購入。

関連リンク:

クロス ボールペン 油性 替芯 M 中字

パーカー ボールペン用 替え芯 3本セット

 

久々にCrossの12K、14Kの金張のCrossが復活。

12kの金張Crossはビンテージ品になるみたいです。

Crossの18Kとかのボールペンは1本300,000円以上することを知り、ちょっとびっくり!

自分が知る限り、特に日本では、身に付けている物、使用している物で人を判断する傾向がありますので、職種にもよりますがビジネスシーンにおいてペン1つでも良い物を使うことをお勧めします。

これらのボールペンは10年ぐらい前は朝から晩までほぼ毎日打ち合わせの時に使用していました。

今回、替え芯を交換して復活したので、また活用してみたいと思います。

 

以上、「ボールペンの替え芯交換(Mont Blanc,Cross,Parker,Waterman)」でした。


スポンサーリンク

関連エントリー

ページ移動

ユーティリティ

スポンサーリンク


検索

エントリー検索フォーム
キーワード
例:abs修理、メーターフード自作

過去ログ

Feed

このエントリーをはてなブックマークに追加