エントリー

ブログシステムfreoで出力されるmetaタグ情報、descriptionsの調整

当サイトでも使用しているfreoシステムですが、Google Search ConsoleHTMLの改善の中に「重複するメタデータ(descriptions)」のページ数が記事数ぐらいまで膨れあがってしまうと思います。

そこで、色々と調べてみるとこちらの方が、freoのテンプレートHTMLのヘッダー部分の書き直し方法を紹介しておりました。(感謝!)

上記に記載されている対策方法で、本文から100文字引用した内容をhtmlのヘッダーのメタタグ、descriptionsへ放り込むという方法です。

これでdescriptions重複エラーの対策はOKかと思っていたのですが、

カテゴリー分けのリンク機能を使用している場合、

カテゴリー一覧をクリックして表示されるdescriptionsはディフォルト参照のまま生成されてしまうため、「重複するメタデータ(descriptions)」が減りません。

そこで、上記の方の内容をベースにカテゴリータグの「説明」文をdescriptionsに設定するように書き換えてみました。

<!--{if $smarty.request.freo.mode == 'view'}-->
<!--{assign var="entry_noline" value=$entry_text.excerpt|smarty:nodefaults|regex_replace:"/[\r\t\n]/":" "}-->
<meta name="description" content="{$entry_noline|smarty:nodefaults|strip_tags:false|mb_truncate:100:'...'}">
<!--{elseif $smarty.request.freo.mode == 'page'}-->
<!--{assign var="page_noline" value=$page_text.excerpt|smarty:nodefaults|regex_replace:"/[\r\t\n]/":" "}-->
<meta name="description" content="{$page_noline|smarty:nodefaults|strip_tags:false|mb_truncate:100:'...'}">
<!--{elseif $smarty.request.freo.mode == 'category'}-->
<!--{assign var="category_noline" value=$freo.refer.categories[$smarty.get.category].memo|smarty:nodefaults|regex_replace:"/[\r\t\n]/":" "}-->
<meta name="description" content="{$category_noline|smarty:nodefaults|strip_tags:false|mb_truncate:100:'...'}">
<!--{else}-->
<meta name="description" content="{$freo.config.basis.description}">
<!--{/if}-->

赤字の部分が自分が追記した部分です。

上記の部分を追記することで、カテゴリー一覧をクリックして表示されたページのヘッダーのdescriptionsはカテゴリに設定した「説明」の部分がdescriptionsに挿入されるようになります。

以上、自己の責任の範囲でご参照ください。


スポンサーリンク

関連エントリー

ページ移動

ユーティリティ

スポンサーリンク


検索

エントリー検索フォーム
キーワード
例:abs修理、メーターフード自作

過去ログ

Feed

このエントリーをはてなブックマークに追加