エントリー

DNS関連の注意喚起

ネットワーク関連のつぶやきです。

 

なんかここのところ、良い話がない雰囲気がありますね、BIND関連。

こちらの履歴を見ると、ちょっと多すぎるぐらいのような気がします。

 

Windows版のみとかの内容もあるようですが、今年に入ってから、ほぼ毎月何か問題が起きてますね。

 

ちょっと余計な機能をつけすぎて、ドツボにはまっている感じも受けます。

 

ひと昔前は、積極的にオープンリゾルバ状態にするような雰囲気もあった関係で、全世界にあるDNSサーバの75%以上がオープンリゾルバ状態との話です。

 

今はどちらかというと数年前のDDos攻撃以降、消極的な雰囲気感があるように見受けてますが、世の中的に大丈夫なんでしょうかね?

 

Bind関連のDDos攻撃の対策には、豆に注意喚起を調べる必要があります。

 

FreeBSDも10.x以降、bindの基本実装をやめてunboundに乗り換えましたが、世間的にはどの方向へ進んでいるんでしょうか?

 

以上、DNS関連の注意喚起でした。

 


スポンサーリンク

関連エントリー

ページ移動

ユーティリティ

スポンサーリンク


検索

エントリー検索フォーム
キーワード
例:abs修理、メーターフード自作

過去ログ

Feed

このエントリーをはてなブックマークに追加