エントリー

映画 2 Fast 2 Furious (ワイルド・スピードX2)で使われた紐ネオン?!

2003年公開だからもう14年も前になるんだ。笑

ワイルド・スピードX3で、話が切れてしまった感があったので、

X4はないだろうなーっと思いつつ、

やっぱり人気の映画はいまだに続いてくれていて

うれしい限りです。笑

 

X3で監督が代わったんだったかな?

しかし、うまくストーリーを繋いでくれたのはよかった、よかった。

X3のボズウェル君、また出てきたりしないんですかね?

思いで話ですが、偶然見かけた渋谷のセンター街での撮影光景が懐かしいです。

 

当初、一般道でも2 Fast 2 Furiousで使われた本物のネオン管つけている車を1,2回見かけましたけど、

本物は、色が違うんですよ、

本当に映画と同じ色なんです。

 

余談ですが、当初、日本製で発売されていた中華製は、知り合いが付けていて、よく割れたと覚えがあります。

 

あ、ちなみに知らない人もいるかと思いますが、すなわちLEDの光じゃなくってネオン管の映画で使われた本物は、現在は日本で取り扱付ているところはなくなったと思いますが、本国ではまだStreetGlowは健在でした。

ホームページはこちら

(ワイスピが公開される度に売れてたりして。笑)

 

BMW Z8のウインカーがネオン管だということは有名ですが、あの柔らかい感じの光、

LEDのような輝度が高すぎる、鋭い光じゃないのがやっぱりいいですねー。

StreetGlowも映画Fast Furious(ワイルド・スピード)で、緑色が使われて一気に人気が出たようですねー。笑

 

ちなみにですが、映画 2 Fast 2 Furious (ワイルド・スピードX2)では、

アンダーキット(ボディの下に付けるあれ)ではなく、

通称「紐」と言われる、ネオンの紐がStreetGlowから販売されていましたが、

今は、ディスコン(販売終了)になってしまったんですねー、見つからない。(残念)

ストロボライトはまだありますね。

煙を出すのは、NOSでできるだろうけど。笑

そのネオン紐は、映画の中でボンネットの中とかに使われていたり、簡単に多様できてので、ワイスピファンにはもってこいのアイテムでした。

 

まあ、滅多につけることないんですけど、いまだに生き残りがあったりします。笑

 

DSC_2018.jpg

これですね、これ。笑

この光ですよ、やっぱり。

やっぱり、ワイスピX2のブライアンの車の青色ネオンは、

StreetGlowの青じゃないとね。

 

DSC_2017.jpg

当時の生き残りなんですけど、針金みたいに扱えて、曲げに自由度があるのが便利です。

DSC_2030.jpg

ちなみに、当時購入した未使用品がもう1セット(2個)あったりします。笑

本物のネオンなので、DC12VをAC100Vへ昇圧するユニットが付いてます。

実は、これ、実は実用用途があって付けていたんです。

もうトラックしか走っていない、深夜の東名高速走ることもあまりないだろうしなー。

 

以上、映画 2 Fast 2 Furious(ワイルド・スピードX2)で使われた紐ライト(ネオン)でした。

 


スポンサーリンク

関連エントリー

ページ移動

ユーティリティ

スポンサーリンク


検索

エントリー検索フォーム
キーワード
例:abs修理、メーターフード自作

過去ログ

Feed

このエントリーをはてなブックマークに追加