エントリー

Appleのアプリ審査ガイドライン変更について

更新が久々になってしまいましたね。

あまり平和ではありませんせんが、元気に生きてます。笑

久しぶりの更新がiPhoneというかAppleネタです。

今月になって、iPhoneアプリの審査ガイドラインの変更がされました。

-------

8. Content and Intellectual Property Rights

8.6 Apps that include the ability to download music or video content from third party sources (e.g. YouTube, SoundCloud, Vimeo, etc) without explicit authorization from those sources will be rejected

https://developer.apple.com/app-store/review/guidelines/#trademarks-trade-dress

-------

今後、iPhone/iPadアプリで、動画/音楽ダウンロード系の汎用アプリは新規リリース、およびバージョンアップはできなくなりました。

iOS9に対応している、現時点でApp Storeに並んでいるアプリが最後となります。

もしダウンロード系のアプリを入手したい方は、今のうちに入手してくださいね。


以前も、2chまとめサイト系のアプリが一斉に消えるみたいな噂が流れましたけど、まとめサイトのコンテンツが非アダルトの物は審査に通過して、そのまま現在に至るようです。

しかしながら、今回のガイドライン変更は、汎用動画/音楽ダウンロード系アプリすべてがダメなので、(専用アプリはOKです。例えば、自社サイトの動画ビューワーなど)iPhone/iPadアプリでのこの手のアプリは今後なくなってしまうでしょう。

自分的には、Appleは結構この辺りに関してはゆるいというか寛大な方だったのですが、ダウンロードを規約で禁じている動画サイト運営(Youtubeなど)側から言われたのが、この流れになった発端かと思います。

 

 

 


スポンサーリンク

関連エントリー

ページ移動

ユーティリティ

スポンサーリンク


検索

エントリー検索フォーム
キーワード
例:abs修理、メーターフード自作

過去ログ

Feed

このエントリーをはてなブックマークに追加