BMW E46 クーペ M3リアフェンダー加工(2005年)

2005年にE46M3のリアフェンダーを取り付けたときの写真を公開しています。

作業工程は、正直、見るに無惨な姿の写真ばかりです。

E46のクーペ(328ci、318ci、330ci)はE46M3より4cmリア幅が狭くなっております。

そのため、ボディ全体をE46M3化するには、ボディから一度フェンダーとホイールハウスを切断してからE46M3のフェンダーとホイールハウスパーツを溶接加工で取り付ける必要があります。

作業をして頂いた、Auto Garage TBKさんに無理言って、当時の作業中の写真を撮影して頂きました。

貴重なコンテンツなので、Twitterフレンド登録した方のみへの公開とさせて頂きます。

Twitterフレンド登録は、@aikawa328scまで。

目次

スポンサーリンク

ユーティリティ

スポンサーリンク


検索

エントリー検索フォーム
キーワード
例:abs修理、メーターフード自作

過去ログ

タグクラウド

Feed

このエントリーをはてなブックマークに追加