エントリー

Twitterでこのホームページの作者へ連絡を取りたい方

Twitterでこのホームページの作者へ連絡を取りたい方

このホームページ用に使用しているTwitterアカウントについてですが、以前はフォローして頂いた方はフォロー返しを基本的に行っておりましたが、タイムラインがわけが分からなくなるような状態のため、申し訳ありませんが最近はフォロー返しをしておりません。

また、これまでフォローした人も、よくわからないタイムラインが多い人は申し訳けありませんが最近はフォロー外させて頂いております。

SNSは、会社や学校の上限関係がある世界ありませんし、「見ず知らずの赤の他人」とSNSまで社交辞令でフォロー返しする必要も無いっと考えているのと、そもそもフォロー返さないことに不満を持つ人はSNSなんてやらない方が良いと思います。こんな考え(フォローしたらフォロー返しが当たり前的な考え)持っている人と関わるとろくな事ないですからね...。(苦笑)

TwitterのDMで、このブログの内容について質問される事もしばしばあるんですが、顔見知りの人や会った事がある人ならばわかるんですけど「見ず知らずの赤の他人」にいきなり色々DMで質問されても返答に困る事が多いので、失礼ながら現在はフォローしている人以外からのTwitterのDMは受けないように設定しています。

SNSなんて長くやっていれば、時々「困った人」が出現するのは避けられないんですが、趣味の世界で上下関係持ったり、いきなりタメ口聞いてくるとか、よく意味のわからないふわふわした事を言ってきたりするストレス感じたりする相手は申し訳ないけど有無を言わさずブロックさせてもらっています。特に車の改造について連絡をもらうと、結構危険な事を言っている人なんか結構多いと感じています。(こちらもアドバイスしてリスク背負いたくありませんし、特に自分のかかわる人に迷惑をかけなくありません。)

ネット上の発信なので一方的になるのは仕方ないと思いますが、それでもこのブログを見て連絡を取りたいと思われた方がもしおられましたら、この記事はコメント受付(非公開受付です)しておりますので、自分のTwitterアカウントフォローの上、こちらのコメントにTwitterIDを連絡していただければフォロー返し致しますので、もしTwitterのDM等で連絡取りたい方が折られましたらお手数ですがこちらの記事にコメントを記載してください。

ただし、Twitterのアカウントに鍵かけてある人はフォロー返しは決して致しません。Twitterのアカウントに鍵をかける理由は色々あるかと思いますが、見ず知らずの人の非公開SNSなんて見たいと思いませんので。
著名人の鍵付きアカウントならば別かもしれませんけど、私に限らず「知らない人の鍵付きアカウントフォローして何か良い事あるの?」って思うと思いますけどね。

あとは流石に若い世代の方は無理かな?(苦笑)Twitterの利用制限はアプリの利用制限になるとするならば18歳以上になるかと思いますが、若い世代の学生の人は流石にコミュニケーション取るのは厳しいと思いますので、予めお断り致します。

以上、ご理解の程よろしくお願い致します。

 


スポンサーリンク

関連エントリー

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

スポンサーリンク


検索

エントリー検索フォーム
キーワード
例:abs修理、メーターフード自作

過去ログ

Feed

このエントリーをはてなブックマークに追加